リビングを吹き抜けにすると明るい

注文住宅で家を建てようとするときに希望する人が多いのが吹き抜けです。メリットやデメリットを知らない人でもとりあえず間取りのどこかに入れたいと考えるのでしょう。住宅の中心をどこに置くのかを考えてみてそこを吹き抜けにすると良いかも知れません。新しく建てる家において家族のだんらんしやすいようにしたいならリビングを吹き抜けにしてみましょう。吹き抜けのメリットは明るさで、天窓や2階の窓から光が入って昼間は照明がなくても明るさを確保できます。2階と行き来する階段を吹き抜けに沿って作れば2階からリビングの様子が見られるようになります。2階に行くときには必ずリビングを通る必要があり、リビングと2階の人とのコミュニケーションもしやすくなるでしょう。

玄関を吹き抜けにすると広く感じる

余り広くない土地に注文住宅を普通に建てると狭く窮屈に感じるでしょう。実際に広さがなくても広さを感じれれば同じ広さであっても有意義に暮らせるかもしれません。広さを感じたいのであれば吹き抜けをどこかに取り入れてみましょう。玄関が吹き抜けになっていて2階に通じる階段があれば解放感がある家になります。吹き抜けの問題として冷暖房費用があり、リビングなどにあるとかなりかかる可能性があります。一方玄関は常時冷暖房を必要としないので、そこに吹き抜けがあっても家全体の光熱費を上げる要素になりにくいです。注文住宅で建てた家は自分たちの住みやすさも大事ですが、いろいろな人に自慢したい気持ちもあります。玄関が吹き抜けで広々していると自慢しやすくいい気分で住めるでしょう。