居住スペースを減らさなければならない

注文住宅は自分たちが用意した土地に希望に合った間取りや設備を取り入れた建物を建てられます。広い土地に大きな建物を建てる余裕があるなら居住スペースと収納スペースの割合を考慮する必要はないでしょうが、限られた床面積で建てないといけないときは自分たちに合った割合を考える必要があります。ウォークインクローゼットは女性が注文住宅を建てるときに希望するケースの多い設備ですが、それなりにスペースが必要でその分居住スペースを減らす可能性を考えなければいけません。衣服の収納をメインにした収納スペースを作るならそれに合った衣服の量があって初めて有効利用できるので、家族の衣服の量を計算した上で取り入れるかどうかを決めるようにしましょう。

使い勝手を考慮した設計が必要

注文住宅は自分たちの好みの間取りで設計してもらえるので、ウォークインクローゼットなどの収納スペースも作れます。ウォークインクローゼットのイメージとしてはたくさんの洋服を収納でき、衣替えが不用になったりさらにはそのスペース内で着替えができるなどがあるかもしれません。ただ人によって使いやすいウォークインクローゼットは異なり、設計事務所の提案のまま作ってもらうと使いにくいスペースになる可能性があります。憧れだけで作るのではなく本当に必要かどうかをしっかり考えた上で導入の可否を決めましょう。設計事務所には過去の設計データなどもあるでしょうから、いろいろな設計例を参考にして使いやすいタイプを選ぶのも良いかも知れません。

分譲住宅は、わざわざ住宅のデザインを選択する手間を省けることや、購入後に短期間で入居ができるといったメリットがあります。